中目黒の整体 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

こんなお悩みありませんか?

・腰を反らそうとしても腰やお尻に痛みが出て、反らせない。
・歩いていると腰やふくらはぎに痛みや痺れが出て、休憩すると
また歩ける。
・脊柱管狭窄症の治療をしたい。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症は中高齢に起こりやすいとされている疾患です。

椎間板や靭帯といった腰骨を支えている部分が、加齢によって肥厚・石灰化することで変性を起こします。

神経の通り道である脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されること痺れなどの症状が怒る疾患です。

既往歴として、ヘルニアや腰椎分離・すべり症があると変性を伴いやすく、狭窄症に移行しやすいと言われています。

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症では腰の痛み、お尻の痛み、太ももから足首にかけての痺れ感、痛みを発症します。

また、神経圧迫の状態によって症状が異なります。

排泄などに関与する神経が圧迫されることで尿閉や排尿障害をきたします。

歩くことで両方の足に痛みや痺れが起こり、安静にしていると痛みや痺れがなくなり、また歩けるようになるという症状は「間欠性跛行」と呼ばれ、脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。

放っておくとどうなる?

脊柱管狭窄症を放置すると、痛みや痺れが増悪する他に歩ける距離が徐々に短くなり、歩行が難しくなることも報告されています。

排尿障害が起こる場合、手術が適応される場合もあります。

当院での治療

スポーツマッサージ、骨盤調整

脊柱管狭窄症の方には、骨盤が前傾して反り腰になることによって、脊柱管が狭くなるケースが多く見られます。

そのような場合には股関節や臀部、腰の筋肉の緊張が起こっています、マッサージやストレッチを行うことで、骨盤の前傾を解消させ脊柱管に負担がかからない位置になるようにアプローチしていきます。

3DMENS治療、立体動態波

神経圧迫が起こると神経が興奮した状態となり、痺れだけでなく筋肉の緊張を引き起こして、ちょっとした動作で痛みが起こります。

そのような場合には3DMENSという微弱な電気を用いて、細胞レベルに働きかけ、神経興奮を緩和する治療が有効です。

また、立体動態波という高い電圧を神経に沿って通電することで、神経の血流を促し痺れの改善を行う治療も効果的です。

鍼灸治療

鍼治療では神経が圧迫される部分や痺れる部分に沿って鍼に電気を流すことで、神経の周囲に血流を促し、神経疎通をはかることが可能です。

また、刺した鍼にお灸をくっつけて温める「灸頭鍼」といった治療も、神経に血流を促すことで、温熱療法となり痺れや、神経興奮を抑えることが出来ます。

ラジオ波治療

脊柱管狭窄症により神経部分の血流が滞ることで神経伝達がうまくいかず、痺れや感覚異常が起こることがあります。

そういった場合には、ラジオ波治療を痺れが起こる部分に沿って行うことで神経に温熱を加えることができ、血流が促されて痺れや感覚異常の改善に繋がります。

また腰回りの筋肉や圧迫を受けている場所に流すことでも血流が促され腰の可動域が広がり負担を減らしてくれる効果があります。

トレーニング、ストレッチ

痛みや痺れが緩和された後は、早期改善と再発予防のために、トレーニングや自宅でのストレッチが重要になります。

脊柱管狭窄症の場合、腹筋や太ももの裏が弱く、背筋や股関節・太ももの前側が強い傾向になりやすいため、腰に負担がかからないように腹筋、太ももの裏のトレーニングと股関節・太ももの前側のストレッチを行うことで、脊柱管に負担がかからないカラダを作っていくことが出来ます。

脊柱管狭窄症の早期改善・再発予防は中目黒整体・クマハラアスリートサポートへ!

中目黒や目黒で腰の痛みや痺れでお困りの皆さん!

中目黒整体・クマハラアスリートサポートへご相談ください!

~中目黒整体・クマハラアスリートサポート~
東京都目黒区青葉台1-30-13サンライズ中目黒302
TEL03-5725-8109
中目黒駅より徒歩4分
<完全予約制>