中目黒の整体 坐骨神経痛

坐骨神経痛

こんなお悩みありませんか?

・座っている時や長時間の運転時、お尻から足にかけて痺れや痛みが出る
・ももの後ろ側やふくらはぎがしびれることがある
・仰向けに寝ていると痛みがある
・足の感覚が鈍い、力が入らない

坐骨神経痛とは?

「坐骨神経痛」とは病名ではなく、坐骨神経の通っている部分のどこかで圧迫や絞めつけが起きたときに生じる痛みの総称のことをいいます。

坐骨神経とは、腰から臀部、太ももの後ろ側を通り、足の先まで延びている非常に長い神経です。

何らかの影響によってその坐骨神経が、筋や関節、椎間板等で圧迫されたり刺激されることで障害を受けることがあり、それが神経の走行に沿って、お尻、太ももの後ろ側、ふくらはぎ、すね、足の先にかけて痛みやしびれの症状となって現れます。

原因を突き止めた治療をしないと痛みやしびれが長引いてしまいます。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の症状が出る病名は年齢によってよく起きるものが異なります。

若い方の場合、最も多く挙げられる病名は「腰椎椎間板ヘルニア」、次いで「梨状筋症候群」となっています。

腰椎椎間板ヘルニアが比較的急激に発症するのに対して、梨状筋症候群は比較的緩やかに発症します。梨状筋間で坐骨神経が絞めつけられ血行が悪くなり、仕事や運動でストレスが加わって発症することが多いようです。

一方、高齢の方では、「変形性腰椎症」や「腰部脊柱管狭窄症」または「脊椎すべり症」などの変形疾患が多いです。

高齢の方の場合、腰の器質的要因が強いため、体全体のバランス改善および筋力アップがとても重要になります。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経に異常がもたらされると、お尻から太ももの後ろ側や、膝から下の足の外側などに重だるい感覚やしびれの症状が現れます。

実際は、鋭い痛みや鈍痛が臀部から太ももの後ろ側にかけた辺りを襲い、場合によってはかかとや足の裏にまで激痛が走ることもあります。

このような痛みの症状だけではなく、下肢全体がしびれたようになってしまったり、感覚の鈍さや脱力感により歩行が困難になってしまう場合もあります。

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛の治療で重要になるポイントは、坐骨神経痛を起こしている原因部分を突き止めて、神経圧迫の改善と神経の炎症を抑えることです。

クマハラアスリートサポートの坐骨神経痛治療をご紹介いたします。

①神経の圧迫改善
坐骨神経痛の主な原因は神経の圧迫ですが、坐骨神経を圧迫する原因には様々な疾患があるため、適切な判断が必要です。

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症など多くの疾患の原因は、骨盤の歪みや体のバランス悪化にあります。

そのため当院では、坐骨神経を圧迫する原因を取り除くためのマッサージ、骨盤調整やバランス調整を行っています。

湿布や薬の処方などで改善されない方は、一度ご相談ください。

②神経の興奮を抑える
坐骨神経痛として現れる要因として、神経自体の炎症があります。

神経を圧迫していたとしても、必ず痛みやしびれとして現れるわけではありません。

圧迫している神経が炎症を起こし興奮すると、坐骨神経痛として現れます。

当院の手技療法は鎮痛、緊張や関節拘縮の緩和・血行促進を目的として行います。

物理療法においても鎮痛や血行の改善を促すために、効果の高い電気療法(※1)やラジオ波(※2)による温熱療法を行います。

※1 電気療法…

①立体動態波:6点の電極から流れる電流が3次元的に立体的に干渉することで深層部まで広範囲に治療を行います。

②3D MENS: ほとんど刺激のない微弱電流で細胞レベルに働きかけ、傷ついた組織の修復を早めて損傷部の治癒を促進します。

※2 ラジオ波…電極とアースで体を挟み、+極と-極を1秒間あたり数十万回変化させて体内の分子を振動させることで分子同士の摩擦熱(ジュール熱)を発生させ、深部から体を温めます。

中目黒院

坐骨神経痛の症状でお困りの方は中目黒整体・クマハラアスリートサポートへ!

中目黒や目黒で坐骨神経痛にお困りの皆さん!
中目黒整体・クマハラアスリートサポートへご相談ください!

~中目黒整体・クマハラアスリートサポート~
東京都目黒区青葉台1-30-13サンライズ中目黒302
TEL03-5725-8109
中目黒駅より徒歩4分
<完全予約制>

Instagram
https://www.instagram.com/kuma_nakame/?hl=ja