中目黒の整体 顎関節症

顎関節症

こんなお悩みありませんか?

・口を開けたとき痛い
・口を開けるとき耳の下あたりでカクン、ガリガリなどの異音がする
・大きく口を開けられない
・口を開けるとき顎の関節が引っかかる感じがする
・堅い食べものが噛めない…

顎関節症とは?

顎には筋肉や関節、神経が集中しており、口を開ける、噛み締める、ものを食べる、話をする、歌う…などの口の動作と連動して複雑に機能しながら下の顎を支えています。

この顎の関節は構造的に強くはないため、何らかの原因で強い力がかかったり痛みが生じると耐えられなくなることがあります。こうした顎の関節やその周囲での不快感、不自由さがある場合、「顎関節症」と考えられます。

ひとくちに「顎関節症」と言っても、その代表的な症状は大きく3つに分けられます。

①口を開けたとき顎関節や耳の前方が痛い(→顎関節痛/咀嚼筋痛)

②口が開けにくい(→開口障害/顎運動異常)
 ※目安は指3本縦に入れられない、入れると痛む

③顎を動かすと音がする(→顎関節雑音)

・・・これらの一つでも当てはまったら「顎関節症」と考えて良いでしょう。

また、人によって症状の軽い、重いはさまざまで個人差があります。

※なお、症状が③の音がするだけで痛みや不自由さがない場合、現在では一般的に治療の必要はないとされています。

顎関節症の原因

日常生活におけるさまざまな要因が顎関節症の原因と関係しています。

たとえば、上下の歯がうまく噛み合わなかったり片方ばかりで噛む癖があるなどの噛み合わせの問題、歯ぎしり、強い食いしばり、日常の上下の歯の接触癖、鬱、心理的ストレス、睡眠障害、姿勢不良、頬杖をつく、うつ伏せで寝る、楽器の演奏等…

一つのことが原因ではなく、複数の要因が重なって発症すると考えられています。

それを踏まえた上で、上記に挙げた代表的な3つの症状別の主な原因としては

①痛み
■顎関節周囲の炎症として、ものを噛む時に使う咀嚼筋という筋肉や筋膜の痛みからきている場合や、顎関節を通る神経系の障害などが、痛みを誘発します。

■環境の変化や人間関係による、社会的・精神的ストレスといった心因性の問題が、痛みに起因しています。

②口の開けにくさ
■顎関節の内部に、下顎の骨に連結した「関節円板」という、関節のくぼみに入り込んでいる突起の間にある骨より軟らかい組織があり、その関節円板が前後にずれると口が開けにくくなります。

■痛みもある場合、痛みに伴って口を大きく開けられずにいると、顎の関節や咀嚼筋が十分に使われないので運動制限につながって余計に開けにくくなります。

③音
■関節円板がずれているために、顎が動いた時に引っかかることで音がしたり、顎関節の骨の変形によりぶつかったり擦れたりして音がしたりします。

顎関節症の治療

クマハラアスリートサポートの顎関節症の治療では、日常生活上のさまざまな要因が重なっての発症であるため、生活習慣を見直し、改善点を探っていくと同時に、マッサージや物療を使って顎関節運動に関連のある咬筋、側頭筋(咀嚼筋)、首回りの関連の筋肉などの緊張した部分をほぐしていきます。

鍼灸治療でアプローチすることもあります。

関節や周りの筋肉の負担を減らし、顎関節にかかるストレスを減らすことで正しい位置で顎がリラックスできれば不快な症状も減っていきます。

顎関節症の症状でお困りの方は中目黒整体・クマハラアスリートサポートへ!

中目黒や目黒で顎関節症でお困りの皆さん!
中目黒整体・クマハラアスリートサポートへご相談ください!

~中目黒整体・クマハラアスリートサポート~
東京都目黒区青葉台1-30-13サンライズ中目黒302
TEL03-5725-8109
中目黒駅より徒歩4分
<完全予約制>

Instagram
https://www.instagram.com/kuma_nakame/?hl=ja