中目黒の整体 頸椎ヘルニア

頸椎ヘルニア

こんな症状でお悩みの方

・首や肩の痛みがマッサージを受けても中々改善されない。
・腕や指が痺れや、冷たく感じることが増えた。
・腕や指に力が入りにくいことがある。
・病院で頚椎椎間板ヘルニアと診断されたが、手術はしたくない。
・頚椎椎間板ヘルニアの治療方法や再発予防が知りたい。

頚椎椎間板ヘルニアとは

背骨と呼ぶ部分は上から、頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨と分けられており、その中でも頚椎は7本存在し、骨と骨の間には骨同士がぶつからないようにクッションの役割を果たしている椎間板が存在します。

この椎間板には中心部分に髄核、髄核を囲うように線維輪が存在し、成り立っています。

頚椎椎間板ヘルニアとはこの線維輪の部分に何らかの負担がかかることでキズやヒビなどが入り髄核を押し出します。

それが神経根や脊髄を圧迫してしまい起こるとされています。

これが腰椎の部分で起こると腰椎椎間板ヘルニアとなります。

頸椎ヘルニアの症状

頚椎椎間板ヘルニアは髄核が飛び出る方向によって症状が変わります。

後外側に飛び出した場合は神経根が圧迫され、左右のどちらかの首や肩、肩甲骨の痛み、腕や指の痺れ、冷感などが起こります。

真後ろに飛び出した場合は脊髄が圧迫されます。神経根の場合は片側なのに対して脊髄は両側に症状が起こり、痺れや冷感は足にまで及ぼし、排尿障害といった症状が診られます。

放置するとどうなる?

一般的に頚椎椎間板ヘルニアと診断されると、保存療法と手術療法のどちらかを症状やレントゲンなどの画像所見によって選択します。

保存療法の場合は湿布や痛み止めの処方とカラーでの固定になることが多く、痛み止めなどによって一時的に症状は改善されます。

しかしヘルニアが起こる根本的な原因として、日常生活での姿勢、筋肉、骨盤バランスが大きく関わっており、このバランスを変えなければ再発を繰り返すだけでなく、痛みや痺れが増強され、寝ていても痛みや痺れが起こり、薬物療法も飲み続けると体が順応するため痛みが治まらず手術対応になるリスクがあります。

当院での治療

スポーツマッサージ・骨盤調整

頚椎椎間板ヘルニアでは飛び出した椎間板は元には戻りません。

そのため椎間板が神経根や脊髄を圧迫しないバランスにする必要があり、首だけではなく姿勢、骨盤、筋力をチェックさせて頂き負担がかかる根本的な原因を探し出し、そこに対してマッサージやストレッチを施すことで筋肉の柔軟性、神経の血流を高められるだけではなく姿勢や骨盤のバランスが改善され根本的な治療が可能となります。

立体動態波、3D MENS
立体動態波は痛みが出る患部に電気を直接送ることが可能となり、消炎鎮痛効果があります。

また電気を患部と痺れが出る部分に流すと神経疎通が可能となり神経症状の緩和に繋がります。

3D MENSは微弱な電気で体の修復に必要な細胞を動かし、炎症や回復を早めてくれる効果があります。

また微弱な電気なので神経が圧迫されることで起こる神経興奮による筋肉の緊張や痛みを鎮めてくれます。

鍼灸治療
神経の血流が滞ることで神経疎通がうまくできず痺れや冷感といった症状が現れます。

その滞りを改善させるために原因の大本である首と痺れが起こる腕の部分に鍼を刺し、刺した鍼に電気を流すことで神経に血流が促され、神経疎通が改善します。

また鍼やお灸を肩や首周辺に施すことで、リラックス効果に繋がり痛みの緩和にも効果があります。

ラジオ波治療
ラジオ波は高周波の電気治療で温熱効果があります。ヘルニアによって硬くなった筋肉や血流が滞っている神経部分に温熱治療を施すことで痛みや痺れといった神経症状の改善が可能となります。

機能改善トレーニング
姿勢や骨盤バランスを整えても日頃の癖や生活習慣によって崩れてしまい神経症状が再発しやすくなってしまいます。

そうならないために全体的なバランスを診たうえで、最適なトレーニングやストレッチを御提案させて頂き、その場で正しいフォームや負荷、回数といった部分をお伝えしますので、治療と再発予防の両方が1回の施術で可能となります。

頸椎ヘルニアの症状でお困りの方は中目黒整体・クマハラアスリートサポートへ!

中目黒や目黒で頸椎ヘルニアでお困りの皆さん!
中目黒整体・クマハラアスリートサポートへご相談ください!

~中目黒整体・クマハラアスリートサポート~
東京都目黒区青葉台1-30-13サンライズ中目黒302
TEL03-5725-8109
中目黒駅より徒歩4分
<完全予約制>

Instagram
https://www.instagram.com/kuma_nakame/?hl=ja