中目黒の整体 腱鞘炎(ドケルバン病)

腱鞘炎(ドケルバン病)

こんな症状にお困りではないでしょうか?

・手首(親指側)の痛み/腫れ

・整形外科や病院にいっても指/手首の痛みが取れない方

・お子さんを抱えている時に指/手首に痛みを感じる方

・サポーターをしているけど痛みが続いている方

腱鞘炎とは

鞘炎とは手首の親指側に位置する、親指の動きに作用する2つの筋肉(短母指伸筋・長母指外転筋)の腱が、繰り返しの運動・使用によってそれらの腱を包む腱鞘との間で擦れることにより炎症を起こし、痛みや腫れが起きている状態のことを指します

※発症頻度の高い腱鞘炎がこちらの手首の親指側に起こるドゲルバン病で、指に起こる腱鞘炎がいわゆる『ばね指』になります。

腱鞘炎の原因

・手/親指の使いすぎ
・スマートフォン/PC/キーボードの長時間・繰り返しの使用

などスポーツ・仕事・日常生活の中に原因となることがたくさんあります

女性ホルモンとの関連性もあると言われており、産後や更年期などの女性の方にも多く発症します

放置するとどうなる?

一般的に整形外科に行くと湿布や痛み止めの処方をされますが、放置することで痛みが慢性的に続いてしまい、手首や指にかかる負担が軽減されなければ、バネ指や可動域制限が起こってしまいます。

腱鞘炎に対する当院の治療

①スポーツマッサージ
腕の筋肉が硬くなることで手首に負担がかかりやすい状態をマッサージすることによって軽減することができます。

それにより、制限されている指の可動域も改善することができます。

②立体動態波/3D MENS
腱鞘炎は指の腱で炎症が起きている状態なので、患部に立体動態波という炎症を抑える電気の刺激を入れることで、炎症物質や発痛物質を抑制することができます。

また、電気の刺激が苦手な方には3D MENSという微弱な電気治療を行うことで細胞を活性化させ、炎症や痛みを取り除いていきます。

③鍼灸治療
腕の筋肉の硬くなっている場所に鍼を刺し、電気を流すことで筋肉の緊張を緩めることができ、手首・手への負担を減らすことができます。

また、お灸を行うことで艾の成分によって痛みを抑える効果があります。

④トレーニング・ストレッチ
ボールやチューブを使って指の曲げ伸ばしや、軽いダンベルを使って手首・指の筋肉を鍛えることで症状の改善・再発予防に向けてアドバイスをさせていただきます。

腱鞘炎でお困りの方は中目黒整体・クマハラアスリートサポートへ!

中目黒や目黒で腱鞘炎にお困りの皆さん!
中目黒整体・クマハラアスリートサポートへご相談ください!

~中目黒整体・クマハラアスリートサポート~
東京都目黒区青葉台1-30-13サンライズ中目黒302
TEL03-5725-8109
中目黒駅より徒歩4分
<完全予約制>

Instagramにてカラダのための情報を発信中です!
https://www.instagram.com/kuma_nakame/?hl=ja